自分磨きも四十を過ぎると。

自分を磨き終わった(はずの)不惑の四十が、惑い惑う日々を綴っていきます。

「飲みたいな」と思っても動揺しない。

身もだえするような欲求とは違う、ふとした「飲みたいな」という気持ち。

そんな気持ちになること自体に落ち込んだり、自分を責めたり、しがち。

<スポンサーサイト>

 

また、そんな気持ちをやり過ごしているときに、不機嫌になったり、暗くなったり、しがち。

 

この、しがち(↑)、直したい。ガチで(笑)。

 

「つい最近の再飲酒からの断酒再開で、十分に後悔、反省、決意したはず。なのに、何で、その決心が揺らぐの??」と、ついつい動揺しかけ、ますが、胸に手を当てて(自分の胸です(笑))、念じます、動揺しないぞ、と。

 

この、ふとした「飲みたいな」という気持ちは、「疲れた」とか「喉が渇いた」とか「お腹が減った」とか「眠い」とか「寂しい」とか「はしゃぎたい」とか、その他もろもろの感情に(感情の変化に)、反射的に「飲みたい」と名前を付けているだけ、自分ではそう思っています。

 

なので、ホントの自分の気持ち(の名前)を探す、動揺しないで、それが対処法です。

 

エラそーにコーシャクたれてますが、言い聞かせてるんです、自分に(バレバレ)。

この場を借りて(ダレカラ)(笑)。

 

何とかかんとか、今週のお仕事終わりです。三連休は一日出勤、ナゼだか、少しほっとする自分がいたり(笑)。

 

断酒、続いています。

 

ところで、改めまして、はてなスターをたくさん下さった皆様、ブックマークして下さった皆様、読者登録して下さった皆様、ホントにありがとうございます。感謝です。

 

ブログランキングに参加しています。ポチっとしてもらえればうれしいです。 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


人気ブログランキング