自分磨きも四十を過ぎると。

自分を磨き終わった(はずの)不惑の四十が、惑い惑う日々を綴っていきます。

心療内科への通院②

前回(↓)の続き、です。

www.ichimoku0120.com

 

電話をかけて予約して、待つこと約2か月。

初診は先生の診察の前に、カウンセラー(?)の方との面談が1時間ほど。

自分をさらけ出すことに慣れてなく、今思い出すと告白と自己弁護の繰り返し(笑)。

ともかく、飲む量と回数に驚かれたのを覚えています。

 

<スポンサーサイト>

 

カウンセラーさんとの面談から待つこと30分ほど。

今聞いてもほっこりする先生の温かい声で診察室へ。

今の(飲んでいるときの)状態を話すのに声が震え、自分の声が震えていることに泣きそうになり汗。

ともかく情けなく情けなく。

「ここまで(病院にくるほど)かな。」、「まだ飲めるんじゃないかな。」、等々、いろいろ迷いもありましたが。

先生から一言。

「多いです。」と。

やっぱり。

「ともかく、自分が納得できる状態になるまで、お付き合いしましょう。」、要約するとこんな感じのことを言われた気がします。

「あと、寝るために飲んでいる面もありますので、睡眠薬を処方しておきます。」、と。

具体的な治療は、睡眠薬の処方のみ。

。。。

少し、拍子抜け。

なんですが、「自分が良くなるために行動した。」という満足感と、ほっとした感で、診察と薬局が終わったとたん、(年甲斐もなく)涙ぐみまして。

 

ただ、初診から断酒開始までには、まだ時間がかかるんです(笑)(←笑いごとではない)。

いつかの次回に続きます。

 

断酒、続いています、おかげさまです。

今日はノートレデー。今週は仕事あり、起きれずあり、トレ少なめですが、盛り返すぞ、ぞ。