自分磨きも四十を過ぎると。

自分を磨き終わった(はずの)不惑の四十が、惑い惑う日々を綴っていきます。

トライアスロンとの出会い(ラン編②)

15分歩いて、15分ゆっくり走って(見てる人は早歩きと思ったかも)、15分歩いて終わり、ってところから始めて、だんだん走る時間の占める割合を増やしながら、全体の時間を伸ばしていって、「走るって楽しいじゃないの(笑)」って思ったところからの続き。

(前回は↓)
www.ichimoku0120.com

 10年前の夏からゆっくり始めて、1ヵ月ぐらいたったある日、近くで3ヵ月後にハーフマラソンの大会があることを知り、「俺、完走できちゃうんじゃね??」(←完走と完歩が違うことはまだ知らない)と思って申し込み。今ならすいすいできる大会申し込み作業も、手間取りながら、ほんとにできてるか不安になりながら、なんとかかんとか。

大会(ハーフマラソン)という目標ができたことで、10㎞を1時間ちょいで走ることを目標に練習に熱が入ってきまして、ろくに身体のケアもしないで、根性で走る走る。大体、月に100km程、走っていたと思います。(この頃は、走り終わって飲むわ飲むわ、今思えば、身体を動かすことと、アルコールの深み、同時に、はまり始めていたのかもしれません。)膝が痛いことが頑張った証、ぐらいにも思っていました(←バカ)。

 

初の大会は次回。

 

断酒、続いています。

今日は自転車練習会、80㎞でした。(←生きがいです。)