自分磨きも四十を過ぎると。

自分を磨き終わった(はずの)不惑の四十が、惑い惑う日々を綴っていきます。

トライアスロンとの出会い(ラン編)

(編、っていうほど続くのか?)

10年くらい前、30代になったばかりの頃、ふと、「走ってみようかな?」と思いまして。

増えっぱなしの体重も気になっていたし、もやし色も気になっていたし、そもそも、自分がまだ走れること(っても、走った記憶って体育の授業(笑))を確認したかった、って感じで。

 

始めは、15分も走れなかったです。煙草もちょいちょい吸っていたし、体重も重くて(笑)。んで、職場の走っている人と話をしていたら、「(15分しか走れないってことは、)速く走りすぎるんだよ。」と。

 

それで、ゆっくり走ることを心掛けて、かつ、距離ではなく(短すぎて悲しいのと、距離を意識するとついつい速く走ってしまう)、時間で目標を立てるように。15分歩いて、15分ゆっくり走って、15分歩く、と。走る場所はどこでも良くて、自宅から出て真ん中の時間まで来たら折り返す。全体の時間を45分からだんだん50分、55分と一月単位で伸ばしていきながら、走っている時間を15分、20分と、伸ばしていく、って感じでやっていくと、ありゃま、走るって楽しいじゃないの!!(以下、続く。)

 

禁煙、断酒、続いています。

 

今日はバイク坂練1時間でした。